油断できない妊娠糖尿病とは?

妊娠中の糖尿病に注意
妊娠するとホルモンバランスが変わることで体調が変化して、思わぬ病気になってしまうことがあります。
妊娠糖尿病も、そんなホルモンバランスの変化で発症する病気の一つです。
そこで今回は、妊娠中に発症しがちな妊娠糖尿病について、ご紹介したいと思います。

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病は、妊娠した影響で発生する糖代謝異常のことですが、全ての妊婦さんに現れるわけではありません。
妊娠前から既に糖尿病の場合や妊娠中に明らかな糖尿病と診断される場合は、妊娠糖尿病に含まれせん。
ですから、妊娠糖尿病は妊娠した影響で血糖値が高めになったけれども、糖尿病とまでは診断されていない状態と言えます。

妊娠糖尿病の原因

妊娠すると胎盤から血糖値を上昇させるホルモンが放出され、母体は胎児の成長のために血糖値を高めて、胎児に優先的にブドウ糖を供給します。
一方で、胎児のために沢山のブドウ糖が必要となりますが、血糖値が上昇し過ぎて高血糖にならないように、母体は妊娠していない時より少し多めにインスリンを分泌します。
ですから、妊娠糖尿病の妊婦は、高齢などの要因で少し多めにインスリンを分泌できないことにより、血糖値が高くなってしまうのです。

妊娠糖尿病になりやすい人

糖尿病になりやすい肥満の人は、妊娠糖尿病にもなりやすいとされます。
また、親戚に糖尿病患者がいるなど遺伝的体質でインスリンを分泌しにくい人も、妊娠糖尿病になりやすいと考えられます。
さらには、流産や早産の経験をした人、35才以上の高齢出産の人なども、妊娠糖尿病になりやすいとされています。

母体に現れる症状

糖尿病の自覚症状である、多尿・頻尿、口渇や多飲、体重減少、全身の疲労感や倦怠感といった症状が妊娠糖尿病でも現れます。
また、高血糖で血液がドロドロになるので血流が悪くなることで、血圧も高くなるので妊娠高血圧症候群のリスクが高まります。
妊娠高血圧症候群は血管障害や臓器障害が現れる病気で、胎盤や子宮の血流が悪化して、胎児の発育不良や流産が生じることがあります。
さらに、妊娠糖尿病は羊水過多症のリスクを高め、破水・流産を起こすことがあります。

胎児に現れる症状

妊娠糖尿病になると、胎児の先天性奇形のリスクが指摘されるとともに、新生児高ビリルビン血症のリスクも高まるとされています。
また、母体が高血糖状態にあることによって、胎児も高血糖状態になるので、ブドウ糖が過剰供給されて胎児の発育が促進され、巨大児となる可能性があります。
巨大児になると、難産となりやすく母体にも新生児にも負担が大きくなります。

妊娠糖尿病は油断できません

妊娠糖尿病は、糖尿病と同様に自覚しにくいにもかかわらず、高血糖が続くと様々な悪影響が生じます。
その悪影響は、母体のみならず新生児にも及びますから、決して油断できません。
ですから、妊娠初期の体調管理には、十分に気を配りましょう。

関連する記事