糖尿病予防の適度な運動

糖尿病治療には適度な運動
糖尿病は、運動不足や肥満などの生活習慣によって、体内のインスリンが不足して高血糖の症状が現れる病気です。
ですから、適度な運動を実施して肥満を防ぐことが、最大の糖尿病予防法と言えるでしょう。
そこで今回は、糖尿病予防の適度な運動について、ご紹介したいと思います。

日本の糖尿病患者は、ほとんどが2型糖尿病

2型糖尿病は、運動不足や肥満に代表される生活習慣によって、膵臓のインスリン分泌が減少したり、インスリンへの感受性の低下(インスリン抵抗性)により高血糖の症状が現れるタイプの糖尿病です。
日本の糖尿病患者の約90%が2型糖尿病と言われていますので、糖尿病は生活習慣病の一つに挙げられるのです。
ですから、本稿では2型糖尿病の予防のための適度な運動について、ご紹介します。

適度な運動が2型糖尿病予防になる理由

運動をすると、運動するためのエネルギーとして血液中のブドウ糖を消費しますから、運動には血糖値を下げる効用があります。
そして運動を継続的に実施していると、筋肉が発達して基礎代謝がアップしますので、ブドウ糖を消費しやすい体質に変わっていきます。
また、運動をしているとエネルギーが血液中のブドウ糖だけでは足りず、脂肪を分解してエネルギーとして利用しますので、体重減少・肥満抑制の効用も期待できます。
さらに、運動をすると血流が良くなり、血圧を下げる効果も期待できるのです。
ですから、適度な運動を継続することは、2型糖尿病の原因となる運動不足や肥満を改善して、2型糖尿病を予防することになるのです。

効果的な運動方法は?

糖尿病予防の適度な運動として、最も効果的な運動方法は有酸素運動とされています。
有酸素運動は、運動をしながらも酸素を十分に取り込める程度の負荷の運動で、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・スイミングなどが該当します。
有酸素運動で酸素を十分に取り込むことが、エネルギー源としてのブドウ糖や脂肪を効果的に燃焼させることにつながります。
運動の継続時間は、30分~60分程度を目安に15分以上は継続するようにしましょう。
というのも、運動開始当初は血液中のブドウ糖を主なエネルギー源としますが、15分程度でエネルギー源が脂肪に変化するからです。

適度な運動を長続きさせることが大切

糖尿病予防には、このような適度な運動を長続きさせることが重要になります。
長続きさせることで、徐々に効果が現れてきますので、最初から気合を入れて効果を求めすぎると途中で挫折してしまいます。
運動を長続きさせられるように、ぜひ楽しみながら実施してみてください。

関連する記事