血糖値を下げる食事を心がける

血糖値を下げる食事
糖尿病は、主に肥満が原因となって血糖値が上昇して高血糖状態となる病気ですから、その治療や予防のためには食事内容を見直すことが必要不可欠です。
そこで今回は、血糖値を下げる食事について、ご紹介したいと思います。

バランスの良い食事

糖尿病に対しては、栄養バランスの良い食事をすることが重要になります。
たしかに、糖尿病は高血糖になる病気ですから、糖質に変換される炭水化物や糖類そのものを多く摂取することは望ましいことではありません。
しかしながら、極端に炭水化物などを排除してしまうと、栄養不足やエネルギー不足に陥ってしまいます。
ですから、三大栄養素と呼ばれる炭水化物・タンパク質・脂質をバランス良く摂取することが必要なのです。
これらに加えて、ビタミン類・ミネラル・食物繊維なども意識して摂取するようにしましょう。
特に食物繊維は、食後にどうしても血糖値が急激に上昇しますが、その上昇の度合いを緩やかにしてくれる効果があります。

血糖値の上昇を抑制する食べ方

食事をすれば、どうしても血糖値は上昇してしまいます。
これは生理現象ですから仕方ありませんが、血糖値の上昇をなるべく緩やかにする食べ方は存在しますので、実践してみると良いでしょう。
具体的には、野菜類・キノコ類・豆類・海藻類などの血糖値の上がりにくい食材で作られたサラダ・副菜・味噌汁などから食べはじめ、次にタンパク質や脂質を含む肉類・魚類などのメインディッシュ、最後に糖質に変換される炭水化物のご飯・パン・麺の順番で食べます。
お菓子やケーキといった甘い物、ブドウ糖が多く含まれる清涼飲料水などは、急激な血糖値の上昇を招くので間食としても避けなければなりません。

カロリー制限食・糖質制限食

血糖値を低下させるには、カロリー制限した食事や糖質制限した食事をすると効果的とされています。
しかしながら、カロリー制限食では、その都度カロリー計算をする手間やカロリー制限食を作る手間がかかることや、食事量が少なくなることで満足感を得られないなど、継続することにストレスを感じることが多いようです。
ですから、糖質・炭水化物のみを制限して、それ以外は制限せずに自由に食べる糖質制限食のほうが、手間や満足感の観点からも継続しやすいと言えるでしょう。
ただし、糖質制限食も万能ではなく、栄養バランスへの配慮も必要ですし、運動療法や薬物療法との兼ね合いで思わぬ低血糖状態を招いたりしないように注意が必要です。

食事の見直しは血糖値改善の第一歩

食事内容の見直しは、お金が余計にかかりませんし、薬剤を服用しませんので、手軽に気軽に血糖値の改善に取り組むことができます。
是非、今日からでも食事について意識して、食事内容の見直しをしてみてください。

関連する記事